アメリカ転勤妻 ケイの生活ブログ

2016年夏からロサンゼルスに駐在員の妻として住んでいます。海外引越の準備で必要なもの、困ったこと、生活して楽しかったことなどをご紹介します。2年の短期赴任なので、長期滞在の方との違いはありますがご参考まで。

ロサンゼルスの水事情~フィルターが必需品~

カリフォルニア州はこんなに農業が盛んなのに、ロサンゼルスは雨が少なく、水は遠く別の州などから運ばれてきます。
LAの水は衛生的には飲んでも問題ありませんが、長い距離をコンクリートやパイプを通って運ばれてくるため、水に含まれる鉱物が多くなってしまい、長期間飲むと腎臓などに蓄積されて病気を引き起こす可能性があるといわれています。

なので、「飲食に使う水は、フィルターに通してから使う」ことが奨励されています。だけど、お風呂や食器洗いに使うのは、水道水で問題ありません。バスタブリング(白い水アカ)がいっぱいつきますが(笑)
今回は、自宅でのフィルター方法と、フィルターした水の購入方法をご紹介します!!

【自宅でフィルターする場合】

  • ポット型浄水器→Targetなどで30ドル前後で購入できます。我が家は、飲食用の水は全てBritaで浄水しています。他にもブランドはありましたが、日本でも流通しているメーカーにしました。Water Filters & Water Filtration Systems | Brita®Brita
  • 蛇口につけるタイプ→On tap filterと検索するといっぱい出てきます。我が家は使っていないのですが、水をたくさん使う場合などはこちらの方が楽なようです。参考までに口コミサイトを載せておきます。Best Faucet Water Filter - Guide and Reviews

【水を購入する場合】

  • ボトルで購入→一番簡単!ペットボトルやガロン(4Ⅼ弱)など様々な大きさで売っています。ディスカウントスーパーでまとめ買いしている人も多いです。
  • スーパー前の自動販売機で購入→スーパーの前に、浄水した水の自動販売機があるので、そこに空のボトル(1ガロン以上)を持っていき、充填する方法です。我が家もBritaを購入するまでの1週間くらいは、買った水の空のボトルを持参してここで購入してました。(ボトルの水より安いです。1ガロン25セントとか?)
  • ウォーターサーバーを契約する→日本でも最近流行っていますね!我が家は使っていませんが、こちらにも同様のサービスがあります。コスコ(アメリカでは、COSTCOは”コスコ”と呼びます。)にもありました。Water Delivery Services

以上、ロサンゼルスの水事情でした。ご参考まで!