読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ転勤妻 ケイのブログ

2016年夏からロサンゼルスに駐在員の妻として住んでいます。海外引越の準備で必要なもの、困ったこと、生活して楽しかったことなどをご紹介します。2年の短期赴任なので、長期滞在の方との違いはありますがご参考まで。

ロサンゼルスの交通機関。車は買うべき?なくても大丈夫?

LA交通 海外生活

駐在の奥さんや旅行で訪れる人もかなり気になる「ロサンゼルスって車社会ですよね?私車運転できなくて」という悩み。単刀直入に言うと、LAは車があった方が便利です!

だけど私の周りには運転しない人もいるし、”短期駐在なんで車買いません”という強者も!

私も車を持つまで1か月弱、車なしの生活したので、車を持たないメリット、デメリットと対処法などをまとめてみました。

 

①【車を持たない場合】

<メリット>

 ・購入費用がゼロ→中古車も高いです。HONDA Fit 2013でも約120万(正規ディーラー)

 ・保険料もゼロ →夫婦二人で、10万円くらい掛かります(東京海上USAなど)

 ・駐車場代もゼロ→観光地は$7~15/日くらいする所もあり、Uberと費用がトントン?

 ・事故のリスク減→LAは運転が荒い上に、道路が穴だらけでパンクのリスクも。。

 

<デメリット>

 ・行動範囲が狭くなる →バス、Metroも発達していて、アプリTransit: Real-Time Transit Appで時刻表やバス停もすぐわかります。TapというSuicaのようなカードも、Ralph'sなどのスーパーで買えます。だけど明るい時間限定です。女性一人だとちょっと不安かも。TAP - Buy a new Transit Access Pass card

 ・Uberの費用がかさむ →少し離れた所にピンポイントで行く時や、夜の外出にはUber(日本でいう白タク)を使う人が多いです。便利で安全で安いけど、毎回となると費用はかさみます。ちなみにタクシーは高く、流しがいないので呼ぶのが大変で、使っている日本人は聞いたことがありません。Uber - Google Play の Android アプリ

 ・小学生以下の子供は、Uberに乗せられない!? →チャイルドシートが義務なので、持参しないと断られるようです。(友人談)

 

<車がないときの対処法>

 ・友達の旅行に同行 →割り切ってお願いしましょう!

 ・レンタカー →いざというときは、借りましょう!LAは観光地なので、町中にもレンタカー屋さんがちらほら。日系のレンタカー屋さんもあるので英語が不安な方も大丈夫。日本より価格も安い気がします。

 ・バス、Metroを駆使 →私は元々海外でもバスに乗るのが好きなので、日中は公共交通で出掛けています。ただLAはダウンタウンの治安が悪く、そこを出入りするバスは乗客に不穏な空気が漂うこともあります。土地に慣れるまでは、女性一人での公共交通の利用はオススメできません。

 ・自転車で行動 →LAは自転車道も多いので、自転車もそこそこ快適ですが、何といってもアメリカは広いので、どこに行くにも結構な距離に。こちらでママちゃりを見たことがないので、もしお子様の送り迎えをお考えであれば、日本から持参か、バギーがついた自転車を購入することになると思います。

  

②【車を持った場合】

 <メリット>

 ・行動範囲が無制限 →サイコーです☆ 

 <デメリット>

 ・カリフォルニアの免許取得が必要! →なんと、カリフォルニアの”新規住民”が、国際免許が使えるのは入国から10日だけ。州ごとに法律が違うし、この“新規住民”の定義が頻繁に変更されるので各自DMVのサイトで確認してください。ちなみにDMVは混んでいるので、10日以内なんて不可能なんですが。(運転免許取得の解説は、他の方のブログが詳しかったので、そちらをご参照ください。)

 ・駐車場問題 →LAはどこも混むので、行く先々で駐車場を見つけるのが至難の業。縦列駐車の練習必須です!路上駐車の支払いは、アメリカのクレジットカードか25セントコインが必須なので、持参しましょう!

 ・車両、保険が高い →仕方ないですね。

 ・ガソリン代がかかる→1ガロン$3弱=1リットル約77円。許容範囲ですかね。

 

以上、ロサンゼルスの交通事情についてでした。

私の個人的な意見では、2年程度の短期赴任で、お子さんがいない又は2歳くらいで、周りにたまに運転を協力してくれる人がいれば、車を購入しないのもアリだと思います。

ただ幼稚園以上のお子さんがいると、奥さんも送迎をするので、車が必須になると思います。運転した方が、治安の面でも安全(夕暮れやひと気のないところの徒歩は危ないので)なので、考慮されてみてはいかがでしょうか。